大手の消費者金融は銀行の手下か

消費者金融は業界全体で不祥事た続いたこともあって、大手の消費者金融の幾つかはすでに存在しませんし、幾つかの消費者金融は銀行の傘下に入ってしまいました。
今や大手の消費者金融で銀行の傘下に入っていないいわゆる独立系の消費者金融は少なくなってしまいました。

一時は消費者金融の業績が非常に調子が良い頃には銀行も消費者金融のやり方を研究していた頃もあったことを考えると隔世の感があります。
それでも消費者金融といえばサラ金というイメージが完全に払拭されわけではなく、一部では消費者金融といえば高利貸というイメージが残っていないこともありません。
確かに銀行と比べると消費者金融の金利は高いことが多いですが、それでも法律に沿ってしか金利を設定できませんので、高利すぎるということもなくなっています。

それよりも法律の枠外で営業しているヤミ金とサラ金が同じようなイメージで捉えられているのではないかと考えられます。一度落ちたイメージを回復するのは大変なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です