イメージが昔ほど悪くなくなったゆえに

消費者金融とサラ金は、基本的には同じようなものですが、借り入れする際の手続きが簡単というのがメリットです。
しかし、昔の人は「保証人とサラ金には関わるな」というのが、耳にたこができるほどいい聞かされてきたと言います。

最近では大手の金融会社のテレビCMの影響か、有名人の起用などで金融会社へのハードルは下がったと思います。
銀行に対しての融資相談に比べれば、金融会社の審査は手軽だと言えると思います。

ただし、以前はグレーゾーンと言われている利息があり、高利貸しと言われている時代もありました。
これでずいぶん苦労した人も多かったと思います。しかし今では、以前ほどの高利では貸し出しができなくなりました。
以前では流れていなかった、弁護士や司法書士の返還請求を知らせるCMが増えました。

すると今度は逆に、金融会社の倒産まで起きる事態になりました。実に皮肉な結果を招いたことになったと思います。
サラ金であっても消費者金融であっても、クレジットであってもローンであっても、違うのは言い方だけです。
中身はとどのつまり借金で、それ以上でも以下でもありません。言葉の印象で警戒心も大きく変化するだけに、利用するような生活をしないのがベストですが、一度でも利用すれば、タガが外れてしまう危険性があります。

借金で人生が狂うことも十分あり得る話だけに、必要以上に気をつけて欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です