お金を借りることのメリット、デメリットをしっかり理解する事が大切です。

結婚式や飲み会、旅行などで急な出費があった場合にとても頼りになるのが消費者金融です。
今ではインターネットで申し込むだけで簡単、お手軽に借りることがてきるのです。
しかも利息も一昔前に比べると格段に下がっており普通の会社員や主婦などにも敷居が低いものになりました。

最初にお金がどうしても必要な場合に借りる選択肢が2つあります。
銀行のローンカードと消費者金融てす。
これらの違いで一番顕著なのか総量規制の対象か否かです。総量規制は借り手を保護するために導入された法律です。
簡単に言うと借入の合計額が年収の3分の1を超えることはできません。
それと1社の借入が50万円を超えるか2社以上の借入合計額が100万円を超える場合は収入証明書が必要になったのです。

この総量規制は消費者金融は対象ですが銀行のローンカードは対象外なのです。
そのため銀行のローンカードば高額の借入を希望する人にはとても有効なのです。
ただし銀行は消費者金融と比較すると概ね審査が厳しく審査に通らないケースが多々あるため消費者金融で借りれるだけ借りると言う選択肢もあるため多額のお金が必要な際には一度消費者金融の窓口で相談してみることをオススメします。

また消費者金融で借入の方が即日キャッシングが対応になったりするので、「急ぎで借りたい方」、「今日が土日だった」そんな方はチェックしてみると良いと思います。
夜中でもキャッシングは利用できる!夜間に審査と即日融資に対応しているキャッシングはどこ? | キャッシングFAN

しかし世の中にはお金を借りることに対していい印象を持たない方も多いと思います。
しかし、なかなかそうは行かないのが現実です。
お金がたくさんあって、借りなくてもいいような生活が送れればどんなに良いでしょう。

急に病気になってしまって入院することになった、身内が亡くなった、子供の学費、家や車の購入など、理由は様々あると思います。
急な事故や出来事でお金が足りない場合、仕方のない事だと思います。
世の中、そんなにお金が溢れているわけではないと思います。
お金が溢れているのは一部だけかと。

お金を借りる理由として良くない、控えた方がいいのは自分の物欲を満たすため、ギャンブル、娯楽などでお金を借りることだと思います。
とくにギャンブルはキリがなくなり、次第に借金で首が回らなくなります。

私の親戚もどこかの会社でお金を借りたことがあります。
私も後から知った話なのですが、その親戚はお金を借りたにも関わらず返済していないようです。
それどころか親戚の弟さんの電話に「お金を貸したけれど返済されないし連絡も取れない。なにか聞いていませんか」と金を貸す会社から連絡があったそうです。

弟さんはAがお金を借りていたことも、自分の携帯番号を使われていたことも知らなかったようで、寝耳に水のような出来事だと話していました。
その親戚が今どこで何をしているのかは自分含め誰も知りません。

恐らく、その親戚はギャンブル狂だったのでギャンブルでつくった借金ではないかと言われていました。
人に迷惑のかかる借金は控えてください。
自分がこの額を借りたら、返済出来るのか、毎月いくら返済額に当てたら生活に支障はないか、など計画を立ててから借入を行うべきです。

消費者金融は借りやすいのは事実か

消費者金融のキャッシングやカードローンは審査に通りやすい傾向にあります。
すなはち、消費者金融からはお金を借りやすいということが一般的には言われています。
何か消費者金融では誰でもお金を貸すというようにも聞こえますが、もちろんそんなことはありません。

消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代では確かに貸し過ぎという面はあったと思われますが、改正貸金業法が施工されてからは消費者金融に対する法的な規制が強くなったために消費者金融も大手を中心にそれほど借りやすいとは言えなくなっています。
消費者金融の借りやすいという話はあくまでも銀行のカードローンと比べてという前提条件が付くと考えていいでしょう。

少なくとも言えるのは消費者金融の審査に通らないような人は銀行の審査に通るはずもありませんし、銀行の審査に通るような人はほとんどの消費者金融の審査に通ることができることくらいです。

銀行と消費者金融の両方の審査に通らない人はいるのです。

大手の消費者金融は銀行の手下か

消費者金融は業界全体で不祥事た続いたこともあって、大手の消費者金融の幾つかはすでに存在しませんし、幾つかの消費者金融は銀行の傘下に入ってしまいました。
今や大手の消費者金融で銀行の傘下に入っていないいわゆる独立系の消費者金融は少なくなってしまいました。

一時は消費者金融の業績が非常に調子が良い頃には銀行も消費者金融のやり方を研究していた頃もあったことを考えると隔世の感があります。
それでも消費者金融といえばサラ金というイメージが完全に払拭されわけではなく、一部では消費者金融といえば高利貸というイメージが残っていないこともありません。
確かに銀行と比べると消費者金融の金利は高いことが多いですが、それでも法律に沿ってしか金利を設定できませんので、高利すぎるということもなくなっています。

それよりも法律の枠外で営業しているヤミ金とサラ金が同じようなイメージで捉えられているのではないかと考えられます。一度落ちたイメージを回復するのは大変なようです。

必要なときにだけ使いたい消費者金融のサービス

消費者金融を利用してお金を借りることは、従来に比べるとそれほど難しいことではありません。
審査は甘い傾向にありますし、申し込みもしやすい時代になっているからです。
ですが利用しやすい分、使いすぎには注意したいところです。

必要なときに必要なだけ借りるのが適した利用方法と言えるでしょう。借りられる額以上に、返せる額の方が重要です。
最近だと返済シミュレーションのサービスも増えているので、返済プランを考えたい時にでも活用しましょう。
利息を計算したいときにも返済シミュレーションは役に立つので、正確な返済額を算出することができます。

消費者金融によって金利が違うことも多いため、利息が気になる人は借り換えも視野に入れておきましょう。
またすでに複数の消費者金融を利用している場合は、借入先をまとめておいた方が良いです。
返済先は1つの方が利用しやすいですし、借入先が多くても借りられる額の上限は変わらないことが多いです。

イメージが昔ほど悪くなくなったゆえに

消費者金融とサラ金は、基本的には同じようなものですが、借り入れする際の手続きが簡単というのがメリットです。
しかし、昔の人は「保証人とサラ金には関わるな」というのが、耳にたこができるほどいい聞かされてきたと言います。

最近では大手の金融会社のテレビCMの影響か、有名人の起用などで金融会社へのハードルは下がったと思います。
銀行に対しての融資相談に比べれば、金融会社の審査は手軽だと言えると思います。

ただし、以前はグレーゾーンと言われている利息があり、高利貸しと言われている時代もありました。
これでずいぶん苦労した人も多かったと思います。しかし今では、以前ほどの高利では貸し出しができなくなりました。
以前では流れていなかった、弁護士や司法書士の返還請求を知らせるCMが増えました。

すると今度は逆に、金融会社の倒産まで起きる事態になりました。実に皮肉な結果を招いたことになったと思います。
サラ金であっても消費者金融であっても、クレジットであってもローンであっても、違うのは言い方だけです。
中身はとどのつまり借金で、それ以上でも以下でもありません。言葉の印象で警戒心も大きく変化するだけに、利用するような生活をしないのがベストですが、一度でも利用すれば、タガが外れてしまう危険性があります。

借金で人生が狂うことも十分あり得る話だけに、必要以上に気をつけて欲しいものです。